ドコモ光からhome5gへの乗り換え方法を完全解説!解約手続きや変更・切り替え前の注意点は?

この記事では、ドコモ光からhome5gへの乗り換えについて、変更・切り替え方法をまとめています。

ドコモ光の解約手続きや変更・切り替え前の注意点も合わせてご紹介!

ドコモ光からhome5gへの乗り換え方法などが気になる方は、この記事をチェックしてみてくださいね。

まずはドコモ光とhome5gの速度や月額料金を比較!

項目ドコモ光home5g
事業者NTTNTTドコモ
回線網光コラボモバイル回線(4G/5G)
最大通信速度1Gbps4.2Gbps
マンション月額料金4,400円4,950円
戸建て月額料金5,720円4,950円
マンション新規工事費16,500円
戸建て新規工事費19,800円
スマホセット割最大1,100円引き/月最大1,100円引き/月
訪問サポートあり(無料)なし
契約期間2年
マンション解約金新プラン4,180円
旧プラン8,800円
戸建て解約金新プラン5,500円
旧プラン14,300円
お得な申し込み先>>こちらをタップ>>こちらをタップ

ドコモ光とhome5gについて、10個の項目を表にしました。

home5gは、工事不要でコンセントに挿すだけで使えるのが最大の特徴です。

ネットを使う場所を家の中で柔軟に対応したい人や、戸建てで月額料金を抑えたい人にhome5gがおすすめですね!

また、ドコモ光とhome5gでは使っている回線が違うので、事業者変更や転用ができません。

そのため、ドコモ光を解約してhome5gを新規で契約することになります。

次の章からは、ドコモ光からhome5gへの乗り換えの方法や注意点について詳しく解説していきます。

乗り換えを検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ドコモ光からhome5gへの乗り換え方法を6ステップで解説!

ここからはドコモ光からhome5gへの乗り換えするときの方法をご紹介します。

ドコモ光からhome5gへの乗り換えは、上記の通り5ステップで完了です。

順番に解説していきますので、ドコモ光からhome5gへ切り替える際に手順通りに進めてみてくださいね。

ステップ①:ドコモhome5gへの申し込み

ドコモ光からhome5gへの乗り換え方法を5ステップで解説!

まずはドコモhome5gに申し込みましょう。

ドコモhome5gの申し込みは、ドコモ公式サイトや代理店経由での申し込みが一般的です。

このサイトでおすすめしている「GMOとくとくBB」では、Amazonギフト券でのキャッシュバックや端末代金が実質無料などの特典があります!

ドコモhome5gの申し込み窓口で、もっとも高額なキャッシュバックを受けられるのは「GMOとくとくBB」です。

どこの代理店でhome5gを申し込むか迷っている方は、「GMOとくとくBB」をチェックしてみてくださいね。

ドコモhome5gの申し込みは、オンライン上で簡単に手続きすることができますよ。

ステップ②:申込書セットが届いたら記入して返送

ドコモhome5gの申し込みをした後は、GMOとくとくBBから申し込みセットが郵送で届きます。

ドコモhome5gの申込書に契約者情報や支払い方法などの必要事項を記入して、返送用封筒に入れて送り返します。

GMOとくとくBBで申込書の確認ができ次第、契約完了のお知らせがメールで送られてきます。

なお、記入内容に不備などがあると返送や確認の電話などで時間がかかるため、記入する際は細心の注意を払いましょう。

申込書の内容に問題がなければ、GMOとくとくBBからドコモhome5g本体が発送されますよ。

ステップ③:ドコモhome5gが届いたら開通手続き

①:ドコモオンラインショップ

②:ドコモサポートセンター

ドコモhome5gが届いたら、上記のどちらからか開通手続きを行いましょう。

ドコモhome5gが届いても、開通手続きを行わないとコンセントに挿すだけでは使えません!

home5gの開通手続きは、ドコモオンラインショップの購入履歴、もしくはドコモサポートセンター「0120-131-067(9時~20時)」に電話をしましょう。

オンラインでは13桁の英数字の受付番号が必要のため、電話でドコモhome5gの開通手続きを行う方が安心ですよ。

ご本人確認などはありますが、「ドコモhome5gが自宅に届いたので開通手続きをお願いします」とオペレーターに伝えるだけです。

ステップ④:ドコモhome5gの初期設定

①:SIMカードの挿入

②:ACアダプターで電源を入れる

③:PCやスマホと接続する

ドコモhome5gの開通手続きが完了したら、実際に接続機器を繋いで初期設定をしましょう。

Wi-Fiの接続設定に必要なIDとパスワードは、home5gの端末本体底面のシールに記載されています。

また、home5gの設置場所は窓際や障害物が少ない高い場所などがおすすめです。

ドコモhome5gの設置場所を工夫することで、速度が安定しやすくネットが快適に利用できますよ!

ステップ⑤:ドコモ光の解約手続き

ドコモhome5gの初期設定が完了したら、続いてドコモ光の解約をします。

ドコモ光の解約手続きは、ドコモショップかドコモインフォメーションセンターへの電話でできますよ。

ドコモ光の解約手続きの際は、ネットワーク暗証番号が必要になるので、事前に準備しておくとスムーズに進められます。

また、ドコモの携帯番号を契約していない場合は、本人確認のためドコモ光の契約IDが必要になります。

ドコモ光申し込み時の書類一式などを準備しておくと安心ですね。

ステップ⑥:ドコモ光のレンタル機器返却

レンタル先レンタル品
NTTからのレンタルONU本体、宅内光配線コード、電源アダプター
プロバイダからのレンタルWi-Fiルーター、LANケーブル、電源アダプター

ドコモ光の解約手続きが完了したら、速やかにレンタル機器を返却しましょう。

NTTからのレンタル品と、プロバイダのレンタル品によって返却方法が異なります。

ONU機器などNTTからのレンタル品返却の際には、ドコモ光解約後にNTTから送られてくる返却キットを使用します。

返却キットにONU本体などのレンタル機器を梱包して、着払いで発送します。

なお、発送が遅れてしまったり漏れていた場合、督促状や機器相当額の請求がされる可能性が…。

ドコモ光を解約して返却キットが届いたら、梱包して速やかに発送するようにしましょう。

また、Wi-Fiルーターをレンタルしている場合、プロバイダへの返却が必要になります。

プロバイダの種類によって返却方法や返却場所が異なるので、ドコモ光を解約する際は必ず確認しておきましょう!

ドコモ光からhome5gへの変更・切り替え前の5つの注意点

ドコモ光からhome5gへ変更・切り替えるときの5つの注意点をまとめていきます。

ドコモ光からhome5gへ乗り換えるときは費用がかかる可能性があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

注意点①:ドコモ光の工事費残債の支払いが必要

ドコモ光のタイプ工事費
マンション16,500円
戸建て19,800円

ドコモ光の解約時に、工事費の残債が残っている場合は支払いが必要です。

ドコモ光の工事は、一括払いか分割払いで申し込みをしています。

工事費は戸建ての場合は19,800円、マンションの場合は16,500円です。

ドコモ光新規工事費が無料になるキャンペーンが実施されているタイミングでドコモ光を申し込みしていた場合、工事費はかかっていないので残債はありません。

しかし、ドコモ光の工事費の残債が残っている場合、一括支払いでドコモから請求されます。

ドコモ光からドコモhome5gへ乗り換える前に工事費残債がないか確認しておきましょう。

注意点②:解約月の料金は日割りにならない

ドコモ光のタイプ月額料金
マンション4,400円
戸建て5,720円

ドコモ光を解約すると、解約した月の月額料金は日割りになりません。

月初に解約しても、月末に解約しても支払う料金は変わらないということです。

ちなみに、ドコモ光の解約日は指定することができ、その日まで使うことが可能!

よほどの理由がない限りは、月末付近にドコモ光の解約日を指定しておくと無駄がありませんよ。

ドコモhome5gの利用日に合わせて、ドコモ光の解約する日を調整してくださいね。

注意点③:解約金がかかる可能性がある

ドコモ光のタイプ新プラン旧プラン
マンション4,180円8,800円
戸建て5,500円14,300円

ドコモ光を解約するタイミングによっては、解約金がかかる可能性があります。

ドコモ光の2年契約は、24ヶ月ごとに3ヶ月間の更新月があり、24~26ヶ月目が更新期間にあたります。

ドコモ光の2年契約は、自動更新されるので更新月以降に解約すると解約金が発生するので注意してくださいね。

また、ドコモ光の更新月は「My docomo」から確認ができます。

ドコモ光からhome5gへ乗り換えるタイミングは、なるべく更新月を選んでおくと、かかる費用が安く済みますね。

注意点④:ドコモ光関連のサービスが利用できなくなる

ドコモ光からhome5gへ乗り換えると、ドコモ光関連のサービスが利用できなくなります。

例えば、メールアドレスやオプションなどの関連サービスがこれにあたります。

メールアドレスは契約しているプロバイダから割り振られているため、ドコモ光を解約した時点で利用できなくなります。

ドコモ光を解約する前に、メールアドレスなどの関連サービスが使えなくなっても問題ないかよく検討しておきましょう。

注意点⑤:電話番号が引き継げない可能性がある

ドコモ光からhome5gへ乗り換えると、電話番号が引き継げない可能性があります。

ドコモ光では、月額550円でドコモ光電話が利用できます。

ドコモ光を解約した場合はドコモ電話も同時に解約したことになり、使っていた電話番号は利用できなくなるので注意しましょう。

一方、home5gではhomeでんわというサービスがあります。

NTTで払いだされた電話番号については、番号ポータビリティをすることで利用可能!

home5gの他に、homeでんわの専用機器の購入が必要になるので、home5g申し込みの前に公式サイトで確認しておきましょう。

ドコモ光からhome5gへの乗り換えについてまとめ

・home5gの開通までの期間が短い

・home5gは工事不要で使える

・ドコモ光の解約金や工事費残債が発生することがある

・ドコモ光の解約時に返却が必要

・ドコモ光関連のサービスが使えなくなる

・home5Gセット割でドコモスマホから1,100円の割引!

ドコモ光からhome5gへの乗り換えについて、上記のような内容をまとめました。

ドコモ光からhome5gに乗り換える際は、home5gの開通後にドコモ光の解約をするという流れになります。

ドコモ光の解約をするときに、タイミングによっては解約金や工事費残債が発生する可能性があります。

記事の中で、ドコモ光からhome5gへ乗り換える際のステップや注意点を紹介したので、一つずつチェックしてみてくださいね!